top of page
013.jpg
AdobeStock_253440030.jpeg

キュテラゼオ

Cutera XEO

Cutera XEOとは

Cutera XEO(キュテラゼオ)は最先端レーザー光学技術を用いた医療機器メーカー、米国のキュテラ社(米国NASDAQ上場企業)が開発したFDA(米国食品医薬品局)認証の美容医療治療器です。付帯するハンドピースを使い分けることで、様々な症状を治療できます。

5.png
AdobeStock_253440030.jpeg

​異なる特徴の3つのハンドピース

Cutera Print 375_edited_edited.jpg

ライムライト(IPL治療)

handpiece_2.jpg

医療脱毛(プロウェーブLX)

ハンドピース2_edited.jpg

ジェネシス(YAGレーザー)

ライムライト(IPL治療)

ライムライト(IPL治療)

ライムライト(Limelight)はIPL(Intense Pulsed Light)という光をお顔に照射する光治療器の一種です。これまで多くの光治療器は白人向けに開発されてきましたが、ライムライトは日本人医師が開発に携わりアジア人の肌に合わせて作られたものです。

 

単一の波長を出力する従来のレーザーとは異なり多くの波長を含んだ光を照射することができるため、従来のIPL治療器では効果を出しにくかった症状にも対応できます。

ライムライトの照射を重ねることで、明るくてハリがある肌に変わっていきます。

IMG_0498_edited.png

​Before

After

効果が期待できる症状

​しみ・そばかす

赤ら顔

肌の質感の悪化

ハリ・弾力の低下

小じわ

にきび跡の赤み

毛穴の開き

ライムライト治療の流れ

医師とのカウンセリングを行い、治療方針やリスクについて説明を受けます。

しみ治療の場合、数日間で薄いかさぶたとなり7~10日かけて剥がれていきます。

洗顔後、ジェルを塗布して光を照射します。お顔全体の場合10~15分程度で施術が完了します。(部位や症状によって異なります)

2~4週間隔での継続治療を受けるのが効果的です。(症状によって異なります)

治療の期間中はお肌が敏感になっていますので、保湿や紫外線対策をきちんと行い、肌に刺激を与えないように注意してください。

症状が改善された後は、アフターケアのために3ヶ月に1回程度の治療をお勧めします。

医療脱毛

医療脱毛(プロウェーブLX)

プロウェーブLXは、脱毛に効果的なアレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAGレーザーの3つの波長を組み合わせ、それぞれの特性を最大限に活かすことができる医療用脱毛器です。このプロウェーブLXはその高い効果と安全性を認められFDAの認可を受けています。

 

クーリングシステムの優れた設計により、痛みを最小限に抑えつつ、毛包に効果的な熱を供給するため、合併症のリスクも低く、効果的な脱毛が期待できます。

ダウンロード (1).png

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛効果の違い

医療脱毛とエステ脱毛は、脱毛効果の持続性が最も大きな違いとされます。医療脱毛は半永久的な脱毛効果があり、毛根を破壊する強力な医療レーザー機器を使用します。一方、エステ脱毛は制毛・抑毛が主な効果であり、出力の弱い脱毛機器を用いています。これにより、医療脱毛では少ない施術回数で効果を実感できますが、エステ脱毛は多くの施術回数が必要となります。

脱毛時に感じる痛みの違い

医療脱毛では施術時の痛みを感じやすい一方で、エステ脱毛は照射出力が弱いため産毛のような細い毛が生えている部位では痛みを感じにくいという特徴があります。初期費用においては医療脱毛が高いですが、施術回数や期間を考慮すると、長期的には医療脱毛の方が経済的となることがあります。

永久脱毛を考えるなら医療脱毛がおすすめ

永久脱毛を希望する場合は、医療機関での医療脱毛が適しています。医療脱毛は医療用のレーザーを用いて毛母細胞を破壊し、毛が生えてこない状態を維持します。エステ脱毛との最大の違いは、脱毛機器の出力や使用できる施術箇所などが異なり、医療脱毛は医師や看護師が施術を行うため、安心感があります。

医療脱毛(プロウェーブLX)の治療の流れ

医師とのカウンセリングを行い、治療方針や回数、リスクについて説明を受けます。

​まれに脱毛箇所が赤くなったり、ひりひりと痛みを感じる場合がありますが数時間程度で落ち着いてきます。

​施術前は毛を抜いたりブリーチする事などはお控えください。脱毛箇所の剃毛を行い、レーザーを照射します。

毛周期に合わせて、1~2ヶ月ごとに治療を行っていくのが最も効果的です。

治療後はお肌が敏感になっていますので、クールダウンと保湿、紫外線対策をきちんと行います。

ジェネシス(YAGレーザー)

ジェネシス(YAGレーザー)

ジェネシスは従来のYAGレーザーの効果と安全性を更に向上させた医療レーザー治療です。この治療は、たるみや小ジワの解消、顔全体のリフトアップ、赤ら顔の軽減、浮き出た毛細血管を目立ちにくくする効果があります。また、目の下のクマ、毛穴の開き、ニキビ跡、お肌の凹凸やくすみにも効果的です。

 

治療を定期的に受けることで、肌質そのものを改善し、効果をより実感できます。さらに、レーザーピーリングの効果により皮膚表面の古い角質を除去し、真皮乳頭層を加熱してコラーゲンを増やし、肌のキメを整えハリを取り戻します。

IMG_0248.jpg

顔の右側:熱が通っている様子

効果が期待できる症状

たるみ・小じわ

お肌の凹凸

毛穴の開き

ニキビ跡

赤ら顔

目の下のクマ

浮き出た毛細血管

くすみ

YAGレーザーについて

にきびや肌質改善に効果的

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層から成り立っています。その中でも真皮には炎症に関与する肥満細胞や、免疫に関与する組織球が存在しています。

YAGレーザーは特定の波長の光を皮膚に照射し、真皮上層の炎症(にきびの原因)や過剰な皮脂を取り除くことが可能です。その結果、皮膚の表面だけでなく、深い層からも健康的な美しい肌へと導くことが期待できます。

YAGレーザーの利点は、治療後に肌の明るさと均一性の向上を実感することです。また、治療のダウンタイム(回復期間)が比較的短いため、日常生活に支障をきたすことなく迅速かつ安全に、にきびなどの肌質改善が可能です。

ジェネシス(YAGレーザー)の治療の流れ

医師とのカウンセリングを行い、治療方針やリスクについて説明を受けます。

​まれに肌が赤くなる事がありますが、1~2日程度で赤みは引いていきます。

洗顔後、ジェルを塗布してレーザーを照射します。施術後はすぐにメイクをして帰宅することができます。

症状によりますが、基本的には2~4週の間隔で5回の継続治療をお勧めします。

治療の期間中はお肌が敏感になっていますので、保湿や紫外線対策をきちんと行い、肌に刺激を与えないように注意してください。

ジェネシス(YAGレーザー)

お申し込み・お問い合わせ

受付時間 9:00〜12:00/16:00~19:30(土曜日午後・日曜・祝日除く)

bottom of page